うつの症状を知ろう【いつくつかの症状が組み合わさる】

サイトメニュー

受診する病院の下調べ

男性

受診前の確認

受診すると決めたのなら、精神科・心療内科によって受付時間が違っていたり、予約が必要なところもあったりするため、予め確認しましょう。紹介状があったほうがスムーズに診察を受けられ、待ち時間が短縮できる他、受診料が変わってくることもあります。また、カウンセリングなどの心理療法には保険が利かないため、事前に保険についても聞いておきましょう。初めて受診する場合、医師は調子が悪くなった経緯や、今までにかかったことのある病気、手術をしたことがあるのかまで、詳しく聞きます。また、家族が精神科などに通院したことがあるのか、家族歴を聞くこともあるので、受診前に経過を整理しておくのがいいでしょう。受診する時は、ムリして身支度を整える必要はありませんし、医師にとっては患者さんの服装からもうつ病を把握するため、着の身着のままで大丈夫です。医師は、いかに分かり易く説明すれば、患者さんを勇気付け、安心と信頼を与えられるかに気を配りながらカウンセリングしてくれます。というのは、初めて受診し、うつ病と診断され、ある意味でホッとする姿も見られますが、その反面、ショックを受けることもあるからです。この病気は、よくみられる病気であることを医師はしっかり伝えてくれますし、多くの人が経験する病気だから治ることも伝えてくれます。うつ病は、精神科か心療内科の領域ですが、世間体が悪いイメージが未だに根強いのも事実です。しかし、必ずしも受診を避けたほうがいいワケではありません。体面を重んじたり抵抗を感じたりして、初期治療の大事なタイミングを逃してしまうこともあります。誰もがかかるかもしれない一般的な病気という認識を持ち、現在の状況に合ったクリニックを選択したいものです。第一に、クリニックの探し方として、今後も継続して通える範囲内で探すことがポイントですが、避けたほうがいいのは、通勤や通学に支障が出る、利用できない診療時間を設定しているクリニックです。他にも、一般診療科と同じ取り扱いで、特別に配慮された環境が少ないクリニックは避けたほうがいいでしょう。うつ病は多くは外来治療ですが、中には、今すぐ死にたいなどの訴えが出たり、症状が悪くなったりした場合に、救急対応や入院の受け入れ先として応じてもらえないところもあります。とあるクリニックは、外来だけで病床もなく、入院が必要な時は他のクリニックへ転院となるようです。また、長時間待たされた挙げ句、診察は短時間の傾向にあるクリニックの情報を見聞きしたならば、患者さん目線ではない相性の問題も生じるため、避けたほうがいいでしょう。