うつの症状を知ろう【いつくつかの症状が組み合わさる】

サイトメニュー

早く治したいのなら

カウンセリング

安心できる環境で

うつ病にかかった時、どんな医療機関にすればいいか迷う人も多いです。情報量が多くオープンな体制をとっているクリニックというのは、基本中の基本になります。また、うつ病の家族会に問い合わせれば、家族会の立場としての評価など、ある程度客観的な情報を得られることもあります。そして、うつ病でかかるメンタルクリニック等では、精神科ソーシャルワーカーのほかに社会福祉士や作業療法士などスタッフが多数在籍しているところも多いです。心理士や理学療法士なども含めて、こうしたコメディカルスタッフは治療の一部とリハビリテーションを受け持っており、生活面においての支援なども行っていることがほとんどです。コメディカルスタッフが多いところは、リハビリに力を入れていることがほとんどなので、良いクリニック選びの一つの指標になります。その中でも、精神科ソーシャルワーカーは、当人が社会生活を円滑に営むための支援を行っています。当人の立場に合わせ、さらに法に則った形できちんと治療が行われているのか、その人の権利が守られているかなどをチェック・監視する役割を持っていますので、スタッフの一員にいれば、とても安心です。治療は一度来院すれば終わりではないので、こうしたサポート体制が整っているかどうかも重要になってきます。うつ病は、突然発病するわけではありません。最初に必ず抑うつ状態の兆候というサインがあり、この段階で治療を行えるのが理想です。実際に発病するとやる気がなくなりはじめ、自分を否定する気持ちがとても強くなってきます。そういう深層心理は、何かしらの形で表面化してくるので、それもうつ病のサインです。たとえば、職場では率先して何でもこなしてきた人が、急に人任せにする機会が増えたというのも一つの兆候です。自分では何となくかったるい気持ちになったぐらいにしか考えていないというのが実情ですが、これが抑うつという症状になります。そして、うつ病の症状に完全な自己否定、生きる意味を感じないというものがあります。この重症の段階までいきなり到達する人はほとんどいません。最初はノイローゼぐらいに考えていて、専門医に診せなかったために病状が進むことがほとんどです。重症になれば長期休暇が必要になり、入院治療をしなければならないケースもあります。また、ここまでいくと、なかなか病状が改善できなくなります。もちろん、時間をかけてゆっくり治していくことは可能です。しかし、その間に、生命力が衰退していく人もいるため、うつ状態になりかけの段階で治療を施すことが大切です。初期段階なら少量の薬で改善することもあります。