うつの症状を知ろう【いつくつかの症状が組み合わさる】

サイトメニュー

孤立化を防ぐ

男の人

つきまとう危険性

うつ病の人は励ましてはいけないといわれるため、実際にどんな接し方をしたらいいのか戸惑ってしまう人が多いです。うつ病は責任感が強く真面目に頑張りすぎた結果、発症する例が主流だったため、激励はプレッシャーになるとされてきました。また、医師の国家試験でも、うつ病患者への励ましは禁忌という問題の解答があることから医者にもこうした考えが深く根付いています。しかし、近年、励ましは必ずしもタブーではないという考え方もあるのも事実です。実際に励ませないことで周囲がどう接したらいいかわからずに当人を避けるようになったことで、孤立化が問題視されています。叱咤激励はもちろん負担になりかねないですが、共感かつ支援する言葉をかけることは必要です。激励の言葉というのは多様で、本人の立場になって共感の気持ちを表現したり、決して敵ではないので見捨てたりしないという言葉を示すことも温かい励ましの言葉の一つです。誰しも病気になれば不安や孤独を感じ、周囲から温かい言葉を望みます。それはうつ病の人も同じです。治療により休職した後に、薬物治療を続けながら職場に復帰する人増えています。しかし、励ましが禁じ手になることで、本人が職場で浮いてしまい再発する例は少なくありません。ただし、精神論を持ち出したり、出来ないことを強要したり、儀礼的に励ますのはよくないことです。あくまでも共感から生まれる温かい励ましの言葉が大切です。うつ病の治療はできれば、物事に対する興味が薄れ始め、不眠、不安などの症状があらわれはじめた初期段階でスタートさせるのが望ましいことです。とろこが、現実的には、自己否定が始まり、引きこもり始めた段階で専門家を受診するケースがほとんどです。初期の段階なら比較的短期間で回復することが多いですが、それ以上になると薬物治療に加えて、精神療法もあわせることになるので治療には時間がかかります。重症化したうつ病は、命にかかわることもあるため、治療上、細心の注意を払わなくてはなりません。この段階になると、医師側と家族や周囲の人が一体となって治療を行わなければ最悪のケースを招きかねないので注意が必要です。うつ病を治すには、本人が病気を治そうと努力するだけでなく、家族など一緒に生活する人たちの協力が不可欠です。完全な自己否定状態にまでなると、常に絶望感を感じた状態になり、非常に危険になります。加えて、病状が少し良くなってきた段階でも、心の中はまだ回復していないことが多いため、衝動的な発作が起きがちです。このような状態では、通常、入院が必要ですが、自宅療養を望む場合は、誰かしらがそばにいるなどサポートが必要になります。監視状態になる前に医師と連携するなど積極的な支援を行い、孤立化を避けることが重要です。