うつの症状を知ろう【いつくつかの症状が組み合わさる】

サイトメニュー

兆候を見逃さない

先生

本人も家族もチェック

生きている限りは悲しい出来事にあったり、落ち込んだりすることはあります。誰しも多少の気分の浮き沈みは、あって当たり前のことです。一緒に暮らしている家族であれば、グチを聞いてあげたり、励ましたりということもあるかもしれません。しばらくすれば、立ち直って、再び元気な笑顔を取り戻すのが一般的です。しかし、最近、表情に生気がない状態が続いている、落ち込んでいることが多いと感じた場合には、いつもより注意して家族は見守ることが大事です。この状態はすでに抑うつ状態である可能性が高くなります。そうなると気分が落ち込むだけでなく、虚しい気持ちが続きます。症状が悪化すると、自分には何の価値もないと考えだします。こうした状況に、うつ病の本人は気づけていないことが多いです。放っておけば悪化し、一旦収まったように見えて再発することもよくあります。そのため、家族はうつ病を見抜く力をつけておく必要があります。主にチェックしたいのは、生活態度の変化と身体の変化です。生活態度では、元気がないのはもちろん、急に会話が減ったり、会社などへ行くのが見るから辛そうに感じたりします。身体の変化では、表情変化に乏しくなり、急激に体重が減る、あるいは増えるなどが見受けられます。また、朝は特に調子が悪そうにしているのなら要注意です。うつの症状というのは、心の変化としてあらわれるものが代表的です。すべての人に同じ症状があらわれるのではなく、いつくつかの症状が組み合わさって、複合的に出る場合が多くみられます。そのため、いろいろなタイプのうつ病があります。たとえば、落ち込み系のうつ病は、憂鬱感が強く、考え方がネガティブになるのが特徴です。悲観的な考えが多くなり、自分を責めたり罪悪感を持ったりすることが多くなります。ひどくなると絶望感を抱くようになります。そして、引きこもり系は、意欲や興味、関心が持てなくなり、億劫さを感じるタイプです。出かけることが少なくなり、人に会うのを嫌がります。考えがまとまらずに、物事を判断できなくなり、家事や日常的なことも出来なくなる場合もあります。また、落ち込み感があり、思考力や集中力が低下したことを自覚して、イライラ感や焦燥感を抱き始める、イライラ系のうつ病もあります。時には、家族に当たり散らすこともあるほどです。しかし、後で後悔し、自己嫌悪に陥り落ち込んでしまうという悪循環を繰り返します。心のうつ状態によるものであれば、この3タイプが主です。生活態度の変化がみられる人は、大方この3タイプに該当します。うつ病は治療が早ければ早いほど、回復も早くて済みますし、再発も防ぐことができます。これらの兆候を見逃さないことが重要です。

カウンセリング

早く治したいのなら

うつ病は、初期段階なら少量の薬で改善するケースが多いです。重症化するほど、改善するまでに時間がかかります。治療する医療機関は、サポートスタッフが充実したところがよく、精神科ソーシャルワーカー在籍のクリニックなら安心です。

詳しく見る

男性

受診する病院の下調べ

うつ病は誰もがかかる病気ですが、専門となる医療機関を受診し、早期治療が望ましい病気です。初めてならば、どんな準備が必要で、どのようなクリニックを選べば治るのか、事前に情報を収集しておくことは大切です。

詳しく見る

ハート

運動で脳を元気にする

現代人は運動不足と言われ、ここから疲労のアンバランスと睡眠不足を生み出し、うつ病になりやすい体を作りだしてしまいます。予防のために軽い運動を心がけるといいですが、それでも発症した場合には、薬物療法と休養をメインにした納得した治療が必要です。

詳しく見る

男の人

孤立化を防ぐ

うつ病の人との接し方がわからないという理由で、周囲がサポートをしないでいると、当人はどんどん孤立して最悪のケースに至ることもあります。そうなる前に温かい言葉をかけながら、治療上のサポートを行い、絶望や孤独感から解放してあげることが重要です。

詳しく見る

人気記事

カウンセリング

早く治したいのなら

うつ病は、初期段階なら少量の薬で改善するケースが多いです。重症化するほど、改善するまでに時間がかかります。治療する医療機関は、サポートスタッフが充実したところがよく、精神科ソーシャルワーカー在籍のクリニックなら安心です。

詳しく見る

男性

受診する病院の下調べ

うつ病は誰もがかかる病気ですが、専門となる医療機関を受診し、早期治療が望ましい病気です。初めてならば、どんな準備が必要で、どのようなクリニックを選べば治るのか、事前に情報を収集しておくことは大切です。

詳しく見る

ハート

運動で脳を元気にする

現代人は運動不足と言われ、ここから疲労のアンバランスと睡眠不足を生み出し、うつ病になりやすい体を作りだしてしまいます。予防のために軽い運動を心がけるといいですが、それでも発症した場合には、薬物療法と休養をメインにした納得した治療が必要です。

詳しく見る